古希 お祝い 70歳

古希祝い(70歳のお祝い)

長寿のお祝いは様々ありますが、ここでは70歳で祝う古希祝いについてご紹介します。

古希祝いをする人に参考にしていただければ幸いです。


古希は数え年で70歳、満69歳で祝う長寿のお祝いです。

昔は70歳まで生きることが希であったことから、長寿のお祝いとされています。
お祝いの色は紫で、還暦のお祝いと同じく紫色のちゃんちゃんこと大黒帽を贈るのが習わしです。

紫色の大黒帽とちゃんちゃんこを着て、家族みんなで食事会をしてお祝いをするという家庭が多いのではないでしょうか?

長寿のお祝いに何かプレゼントを贈るのもいいですが、一番喜ばれるのは家族みんなが揃って古希のお祝いをするのが一番だと思います。
普段はなかなか顔を合わせることがない、お子さんやお孫さんがお祝いに駆けつけてくれることが何よりのプレゼントです。

食事会は自宅でお祝いの席を設け、ごちそうを振る舞うのもいいですし、69歳はまだまだ若いのでレストランやホテルなどでお祝いするのもいいのではないでしょうか?
古希のお祝いでお勧めの贈り物を少しご紹介しますので、参考にしていただけると幸いです。

小さいお孫さんからのプレゼントなら似顔絵などの手作りのプレゼントが喜ばれると思います。

その他、家族みんなの写真をフォトフレームにして、オリジナルのメッセージを入れて贈ってはいかがですか?

「アートガラス」では、フォトフレームの他に各種グラス類にオリジナルのメッセージや名前を入れるサービスがあり、世界で一つだけのオリジナルの贈り物を贈ることができます

古希のお祝いには、日頃の感謝と長寿のお祝いの言葉を入れたオリジナルの贈り物を贈ってはいかがでしょうか?


古希のお祝いをこれからする予定の方に少しでも参考になれば嬉しいです。